The Listening Programとは?

聴覚と、日常生活やさまざまな能力との関係

 【TLP概要】 【プログラムの種類】【聴覚と脳、日常生活の関係】【TLPSleep
 ザ・リスニング・プログラム(TLP)とは学校や職場、人間関係、その他あらゆる
 生活の場面での能力向上のための音楽療法です


「聴力」とは、耳から音が聞こるかどうかの指針です。
それに対し「聴覚」とは、耳から音を聞いて認識し、処理する力(感覚)のことを指します。
しかし聴覚の持つ重要な役割は、それだけではありません。人間の生活、あるいは人生において重要な学びや気づき。さらには思考や認識能力とも、聴覚は繋がっているのです。

少し、例を挙げてみましょう。
何か考え事をするとき、声には出さなくても頭の中で言葉を使っていることと思います。

「今はこれをして、次はああしよう!いや、それはやっぱりダメか…」

などと言った具合です。
頭の中でのことですから、無音状態で周囲にその言葉が聞こえることはありません。しかし脳は、それを頭の中に響く「自分の声」として聴いているのです。その声に対して受け答えをするように会話を展開し、思考が進んでいきます。
頭の中で繰り広げられる自分の声を聞く力。これも聴覚なのです。

・正解を導き出す思考の力
・自分の本音や気持ちを落ち着いて捉える力
・そしてそれを処理/応答する力
・体の感覚を感じてそれを認識しまとめる力
・時間や距離間を認識する力
・記憶する力
・目の前の状況を理解しそこから前進していくポジティブな力

これらはいずれも、聴覚機能と想像以上に深い繋がりを持ちます。さらに感情や感覚、音、自他批判など自分を惑わせる不要な”声”に意識を取られず、自分がやりたいことに集中する力にも聴覚は関わっています。

こうして考えると、聴覚とは仕事や人間関係、自分との向き合い方などを含め、多くの面から人生全体に良い影響を与えることができると言えるでしょう。「聴覚機能を高める」ことは、人生そのものを豊かにすることに繋がっていくわけです。

耳と脳の関係

耳と脳の関係では、音響処理過程での問題をどのように克服する事が出来るでしょうか。うまく機能しないものをどうやって機能するシステムにするのでしょうか。

モーツアルト、ハイドン、ヴィヴァルディのような特定のクラシック音楽は特別の構造を持ち独特の音響波を構成します。それらのパターンの中で重要な要素は時間、周波数、音量です。音楽を聴く時耳は音楽の音の波を受け取ります。波は様々な周波数としてヘルツ(Hz)という単位で計測されます。この周波数が脳を刺激します。それにより、心身の様々な機能に影響を与えます。

特定の機能に特定の周波数

TLPは何十年にもわたる臨床調査に基づき、神経学、生理学、音響心理学、聴覚処理、音楽理論などの多くの分野での臨床調査の結果を総合しました。この分野の先駆者であり最も尊敬されているリーダーである耳鼻咽喉科医師、アルフレッド・A・トマティス博士(1920〜2001)の理論に基礎を置いています。多くの発見の中で、トマティス博士は特定の周波数とその心身に与える影響の関係を明確にしました。トマティス博士の発見で特定の音の周波数帯がそれぞれ違う心身の能力に影響を与えることを示しています。



 【TLP概要】 【プログラムの種類】【聴覚と脳、日常生活の関係


 
個人セッション
ワークショップ
ブレインジムBG101
タッチフォーヘルス
TLP聴覚トレーニング

 

講座概要/申込方法

初級 / 上級

メディカルアロマテラピー

東洋医学講座

解剖生理学

手作り石鹸/コスメ

検定試験/講師

お問い合わせ先 

ご予約フォーム
お問い合わせフォーム

 

会社案内はこちら 

 

 台湾のワークショップにて


 株式会社桜煌月
 〒524-0032
 滋賀県守山市岡町29-5
 077-582-0330
 ※不在時はメール対応
 


 タッチフォーヘルス協会

 教育キネシオロジー協会

 日本刺絡学会

 TLP公式プロバイダ

 EHPAメディカル
  アロマテラピー